ローカル5Gもケーブルテレビ!

「5G」という言葉、聞いたことがありますか?
「第5世代移動通信システム」の略称で、5は5番目、Gは“世代”(Generation)の頭文字です。
日本では2020年までの実用化を目指し、携帯電話各社が研究・開発を進めています。

5Gとは?

5Gとは新しい通信規格のことです。通信に使う周波数帯や信号形式などの規則のことで、この規則に基づきスマートフォンや携帯電話が作られ、安定した通信ができるようになっています。

現在の通信規格は第4世代にあたる4Gが使われており、私たちはスマートフォンや携帯電話を利用できます。ところが近年、スマートフォンの端末増加、データ量の増加が問題になってきました。4Gのままだと回線がパンクしてしまうので、新しい通信規格となる5Gの開発が急速に進められているのです。

4Gから5Gへ

5Gは増大するデータ量に対応するため「高速化」「大容量化」されます。多端末との同時接続、自動運転車などの遠隔操作機器に対応するために「低遅延化」も特徴として挙げられます。

●高速化・大容量化

5Gでは、通信速度を10Gbps(ギガ・ビット毎秒)以上まで引き上げられる予定です。現在主流の通信速度は約100 Mbps(メガ・ビット毎秒)ですので、約100倍の高速化になります。これにより、4Kや8Kのような高画質動画、VR・ARのような映像コンテンツも快適に楽しめるようになることが期待されています。
システム容量も、現在主流のLTEの1000倍程度に引き上げられる予定です。多数の機器が同時に高速で通信できるようになります。

●多数の端末との同時接続

移動通信を利用する機器が急増しているため、5Gでは多数の機器を同時に接続できるようになります。現在の4Gでは、1平方キロメートルあたり10万台が上限でしたが、5Gでは10倍の100万台となります。安定して多端末が接続できるようになります。
たとえば都市部の駅やショッピングモールなど狭いエリアに人が集まるような場合では現在の4Gではつながりにくくなることがありますが、5Gになればこうした問題も解決できるでしょう。

●低遅延化

遅延というのは、文字通り通信の遅れのことです。たとえば、LINEやSkypeなどのインターネット回線を利用しての通話で自分の声や相手の声がちょっと遅れて届き、会話がズレてしまうことがあります。これが遅延と呼ばれる現象で、現在の4Gでは約10ms(=100分の1秒)となっています。
5Gでは遅延を10分の1の1ms(=1000分の1秒)とする予定です。

ローカル5Gとは

地域・産業のニーズに応じて企業や自治体等が利用できる5Gネットワークのことをローカル5Gと呼びます。建物内や敷地内などの特定のエリアで自営の5Gネットワークを構築・運用・利用することができます。

今後ケーブルテレビでもローカル5Gの設備を構築予定です。企業で取り入れを考えている方はぜひ当社にご相談ください。

Follow me!